住宅建築にかかる費用

費用概算

住宅ができるまでにかかる費用は、次の5種類に大別されます。

こちらのページでは、土地や住宅などの条件を仮定して、
住宅建築にどれだけの費用がかかるのかを概算しています。
住宅ができるまでの流れについては、「家づくりの流れ」のページをご覧ください。

1.土地購入に必要な費用

50坪・2,250万円の土地を購入したと仮定します。

土地代金 2,250万円
仲介手数料(※) 73.5万円
売買契約書印紙代 2万円
登録免許税(所有権移転登記) 37万円
合計 2,362.5万円

※個人取引など、仲介手数料が不要な場合もあります。

上記のように、土地購入の際には土地代の3~5%の諸経費が発生します。
手付金(土地代の10%が相場)と諸経費については自己資金から支払う必要があるので、
事前に準備しておきましょう。
当社は土地探しのお手伝いも行っていますので、土地代を含めたバランスの取れたご予算相談が可能です。

2.住宅建築に必要な費用

40坪の在来木造二階建て住宅を建築したと仮定します。

建築工事費 3,100万円
印紙代 2万円
設計料 310万円
建築確認申請量 15万円
水道加入金 10万円
登録免許税(建物表示登記) 10万円
登録免許税(所有権保存登記) 7万円
各祭典(地鎮祭など)費用 10万円
引越し費用 20万円
合計 3,484万円

設計料は建築工事費の10%を目安としています。
(住宅リフォーム、住宅以外のご用件は、別途ご相談下さい。
国土交通省告示第15号に準拠し算定しています。
用途・想定規模等をお知らせ頂ければ、お見積もり致しますのでご連絡下さい。)

設計料を除く諸経費は、建築工事費の約2%になります。
建築工事費と設計料については、通常3回に分けて支払いが発生します。
・建築費の支払い例…契約時・上棟時・引き渡し時で3分の1ずつ分納
・設計料の支払い例…設計契約時40%・実施設計完了時30%・引き渡し時30%

3.融資に必要な費用

民間銀行から4,000万円の融資(35年住宅ローン)を受けたと仮定します。

金銭消費賃貸契約書印紙代 2万円
ローン手数料 3.5万円
ローン保険料 82.5万円
団体信用生命保険料(※) 0円
火災保険料 32.5万円
地震保険料 4.8万円
登録免許税(抵当権設定登記) 19.5万円
合計 144.8万円

※団体信用生命保険料とは、万が一のことがあって返済が不可能になったとき、
残された返済額を解消してくれる生命保険の料金です。
通常、民間融資の多くは金利に団体信用生命保険料が含まれています

4,000万円借りた場合、144万8千円(融資額の3.62%)の諸費用がかかります。
通常これらの費用は自己資金から支払う必要があるので、あらかじめ準備しておきましょう。
なお、本ケースでは金利を加味していません。

4.住宅取得後に必要な費用

50坪2,250万円の土地、40坪3,100万円の住宅を建てて住んだと仮定します。

不動産取得税 3万円
耐久消費財購入費(※) 150万円
固定資産税 12.8万円
都市計画税 5.5万円
合計 171.3万円

※耐久消費財購入費とは、新築時におけるカーテンや照明器具、家具、エアコンなどの購入費用です

不動産取得税と耐久消費財購入費は一時的な費用です。
固定資産税と都市計画税は毎年支払う必要がありますが、年度を重ねるにつれて減額されます。

5.建て替え時に必要な費用

30坪木造二階建ての住宅を建て替えると仮定します。

解体費 110.25万円
登録免許税(建物滅失登記) 4万円
引越し費用 25万円
仮住まい家賃 90万円
仲介手数料 9.5万円
合計 238.75万円

仮住まいの家賃に関しては、
ウィークリーマンションやマンスリーマンションを用いることで安く抑えられることもあります。

まとめ

住宅建築にかかる費用は、単純に「土地代+建設費」では収まりません。
上記はあくまでも大まかな概算ですが、ご参考にしていただければ幸いです。
当社はご予算配分についてのご相談も承りますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせフォーム