家づくりの流れ

当社では、個人住宅集合住宅・ビル福祉施設店舗などさまざまな建築物の設計を行っています。また、施工にも立ち会って工務店と綿密に連携し、施工品質の向上に努める「監理業務」も実施。こちらのページでは、個人住宅を例に建築物が完成するまでの流れをご説明します。

企画1.打ち合わせ
お客様の思い描いている建築物をヒアリングで具現化していきます。打ち合わせは以降も必要に応じて綿密に行っていきます。
企画2.土地探し・敷地調査・分析
当社のネットワークで土地探しについてもご協力します。敷地の景観や利便性、安全性、法規制などを調査し、予算・工期・機能などの大枠を決めます。
企画3.提案(企画・立案)
スケッチやCGなどを利用し、建築物の完成イメージをご提案。当社は徹底的なお客様目線で、ご満足いただける建築物を目指して何度でも再提案のご依頼を承ります。再提案には追加料金をいただきますが、それだけの価値があると思っていただけるよう、全力を尽くしております。
ご提案事例
企画4.設計・工事監理契約
ご提案にご満足いただけましたら、設計と工事監理についてご契約します。
設計5.基本設計
一般図(平面図・立面図・間取り図など、デザインや仕様を表した図)を作成します。
設計6.許可申請
お客様の代理人として、役所への申請業務を行います。たとえば、建築物の敷地は道路に2m以上接していないといけませんが、そうでない敷地でも、役所に申請を行えば建築許可を得られる場合があります。
設計7.実施設計
実際の建築に用いる詳細図(矩形図・展開図・天井伏図・建具リストなど)を作成します。
設計8.積算・見積もり
積算とは、建築物を構成するすべての材料を算出し、正確な建築費を導き出すことです。見積もりにご納得いただけましたら、お支払い契約を行います。
設計9.建築確認申請
所轄官庁もしくは民間検査機関に申請し、これから建てる建築物が建築基準法などに合致しているかの確認を受けます。「確認済証」の発行を受けることで工事開始が可能になります。
工事監理10.工事契約
当社は工事契約も代行しています。複数の施工業者から見積もりを取り、日程調整を行いながら業者を決定。お客様に代わって施工業者とやり取りします。
工事監理11.工事監理
着工から竣工までの工事を徹底して監理・調整します。自社施工でないぶん、業者の施工は厳しくチェックし見逃しません。
工事監理12.竣工・引き渡し
工事が完了したら業者による安全検査を行ったうえで、お客様にも隅々までチェックしていただきます。問題がなければお引き渡しとなります。
アフターサポート13.瑕疵検査
お客様のご要望に応じて、瑕疵(建築物の重要部分に生じた問題)検査に立ち会います。
アフターサポート14.定期検診など
建築物をお引き渡ししてからが本当のお付き合いです。建築物が快適にお使いいただけているか、定期的にチェックにうかがいます。お困りの際はお気軽にご相談ください。
お問い合わせフォーム